記事一覧

いわゆる新電力会社

ウーマン

PPSとは特定規模電気事業者のことで、いわゆる新電力会社のことです。2016年の電力自由化から一般家庭向けにも参入してきました。多種多様な業種から参入してきているのが大きな特徴で、電気プランも様々なものがあり、電気代を安くすることも可能です。

詳しく見る

消費量の把握と対策

建物

オフィスビルなどを運営している場合、省エネ対策を行うことが課題となるケースがある。省エネ対策では、快適性を失わず消費エネルギーを減らすことが重要である。エアコンを新しいものに取り換えるなどの対策で大幅に削減できるケースがある。

詳しく見る

目的別の内装工事

店舗

複数の業者に見積もりを依頼するのが、名古屋市内で店舗デザインを発注する場合の基本であり、費用も重視するのがポイントです。工期を短くするための工夫も必要であり、デザインを微調整したり家具の配置にもこだわるのが、スタッフと来店者に優しい店舗を実現するコツです。

詳しく見る

高い技術力が魅力

工場

鈴木貞一郎は株式会社アトックスの会長をつとめており、アトックスは原子力発電所の管理を主に行っています。除染活動なども行っており、安全性への信頼や高い技術力が評価されて、多くの人に選ばれています。業務内容の幅広さも特徴です。

詳しく見る

新電力活用したコスト削減

男性

企業にとって固定費の中でもばかにならないのが電気代をはじめとする光熱費です。電気代を抑制するためには、PPSと呼ばれる新電力会社に切り替える方法が考えられますが、事前に自社のエリアをカバーしているPPSがあるのかやニーズに合った料金体系になっているかを確認しておくことが重要です。

詳しく見る

ビル管理業を行う企業

工場

特徴があります

鈴木貞一郎氏が株主となっているのが、2015年に新たに合併して登場したグローブシップ株式会社です。このグローブシップ株式会社は合併前は鈴木貞一郎氏が社長として手腕を発揮していましたが、合併後は鈴木貞一郎氏を相談役として、ビル管理やビルメンテナンス業を主に取り扱っている法人です。現在の社長は鈴木貞一郎氏の右腕であった矢口氏が社長となっていますが、ビル管理数は5400頭にも及び、従業員はグループで19,000名以上と巨大な企業に成長しています。グローブシップの大きな特徴はビル代行と日本ビルサービスが合併して出来た会社ですが、それぞれの会社が独自のノウハウを保有していた事もあり、ノウハウの共有が出来た上、複数のグループ会社があるシナジー効果が見込める事です。よって全国に点在する施設やビル等を一元管理しますが、ビルの計画段階から効率的な運営管理まで、適切なビルや施設の環境づくりをコンサルティングしています。さらに特徴的な点はオフィスビル・学校・病院や工場、マンション等それぞれの施設に特化した専門チームを保有しており、その建物の違いや特徴を明確に掴んで建物運営に関わるコストの最小化、効率の最大化を実現しています。またグローブシップは独立系として経営しており、全国に13の拠点を持っていますが、独立系としては業界最大規模のネットワークを保有している事から全国において様々な対応が可能となっています。特に独立系である事から地域毎に様々な系列の会社と協力体制を構築できる点もグローブシップの最大のメリットです。

Copyright© 2018 【ビル管理の悩みを解消】鈴木貞一郎が経営している会社の特徴を紹介 All Rights Reserved.