記事一覧

いわゆる新電力会社

ウーマン

その特徴とは

PPSとは、特定規模電気事業者のことで、いわゆる新電力会社のことをさします。2016年4月からの電力自由化に伴い参入した電力会社のことをさすことが多いです。2016年4月からは一般家庭でも電力自由化がされましたが、PPSはそれ以前から法人規模で行われていました。これは2011年の東日本大震災のときに電力が不足したり、電気代が大幅に変わったことにより、新たな電力会社の必要性が高まったことが大きなきっかけとされています。一般家庭でのニーズも高いとされて、経過措置を経て完全自由化の流れとなりました。PPSは非常に多様な業種から参入してきているという特徴があります。PPSはもともと法人むけに電気を提供してきた会社だけでなく、ガス会社やガソリン会社、通信会社や携帯電話会社など非常に多種多様な業種から参入してきています。そのため、料金プランも多様になっており、ライフスタイルに合わせた料金プランにすることで電気代を安くすることが可能です。また、参入している会社は地域により変わります。関東などの都市部の方がやはり選択肢は多くなりがちですが、地方でも選択肢がないということはほとんどありません。離島などでは限られた選択肢になることはありますが、電気代が高騰したりすることがないように指針が出されています。そのため、基本的に安くなることや現状維持となることはあっても高くなることはないと考えてよいでしょう。

Copyright© 2018 【ビル管理の悩みを解消】鈴木貞一郎が経営している会社の特徴を紹介 All Rights Reserved.